9種類飲み比べランキング!インスタント カフェインレスコーヒー!

デカフェ 瓶入りインスタントカフェインレスコーヒー画像
  • URLをコピーしました!

カフェインレスコーヒーに興味はあるけど、どんなものがあるかわからないし、試飲なんて出来ないから味も好みに合うか心配……。

そんな方に、手軽に飲むことが出来て、コスパの高い、瓶入りのインスタント カフェインレスコーヒーをご紹介します。

今回は、9種類の瓶入り インスタント カフェインレスコーヒーを実際に飲み比べて、「酸味」「苦味」「コク」「香り」「価格の安さ」をランキング形式でご紹介。

そしてそれぞれの特徴と味をレビューしていきます。

この記事を書いた人
  • 食品会社勤務30年以上の中間管理職
  • 飲んだカフェインレスコーヒーは80種類以上
  • 毎日コーヒーをドリップして飲んでます
  • 17時以降は毎日カフェインレスコーヒー

詳しいプロフィールはこちら!

きっちゃんです
@dcafkicchan

なかでもおすすめは、高いカフェイン除去率オーガニックフェアトレード苦味の効いた味

マウントハーゲン カフェインレス インスタントコーヒー

がおすすめです。

Amazonプライム会員でない方へ

もし今回ご紹介したカフェインレスコーヒーをAmazonで購入しようとお考えの方、送料無料でお急ぎ便の利用もできる、Amazonプライムがおすすめ。

カフェインレスコーヒーを試してみたい時に少量で購入したいですよね。送料無料とお急ぎ便は大きなメリット。

その他、プライムビデオやいろんな特典が盛りだくさん。

まずは30日間お試し登録で送料無料に!

\ 30日間お試し/

目次

インスタント カフェインレスコーヒーの酸味・苦味・コク・香り・価格ランキング!

カフェインレス飲み比べ
品画像セブンプレミアム インスタントカフェインレスコーヒーおいしいカフェインレスコーヒーゴールドブレンドカフェインレスマウントハーゲン表面テスターズチョイスデカフェオーガニックインスタントコーヒークライスデカフェカフェダイレクト
商品名セブンプレミアム
カフェインレス
コーヒー
UCC
おいしいカフェインレスコーヒー
ネスカフェ
ゴールドブレンド
カフェインレス
マウントハーゲン
オーガニックフェアトレード
カフェインレスコーヒー
ネスカフェ
テスターズチョイス
デカフェ
オーガニック
インスタントコーヒー
カフェインレス
クライス
カフェインレスコーヒー
カフェダイレクト
インスタントコーヒー
デカフェ
イニックコーヒー
ナイトアロマ
内容量70g45g80g100g100g100g50g100g55g
カフェイン除去率記載なし記載なし97%カット99.7%以上カット記載なし99.7%以上カット99.7%以上カット99.7%以上カット99.85%以上カット
1杯あたり価格約18円約23円約24円約30円約27円約27円約33円約40円約95円~190円
特徴上品な香りとバランスの取れた味癖がなく、後味スッキリしっかりとした味と香りオーガニック
酸味が少なく、苦味が強め
酸味が強め酸味が強め
後味スッキリ
平均してレベルが高い癖がなく、後味スッキリ香り・味がドリップコーヒーに近い
評価酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
ネットショップ
リンク
ヨーカドーなどの店舗のみで販売 Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
品切れ中 Amazon
楽天
Yahoo
個別レビュー詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

瓶入りのインスタント カフェインレスコーヒーを9種類飲み比べてみました。

同時に飲み比べると味の違いが歴然。

スーパーで普通に買えるものや成城石井など少し高級なスーパーで買えるものまでいろいろ。

それぞれに特徴がありますのでお好みで選ぶことができます。

酸味」「苦味」「コク」「香り」「価格の安さ」をランキング形式でご紹介。

早速ランキングをご紹介!
(個別レビューはこちらへ)

⇧目次に戻る

酸味ランキング

酸味ランキング
  1. ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ
  2. オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス
  3. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
  4. セブンプレミアム カフェインレスコーヒー
  5. クライス カフェインレスコーヒー
  6. イニックコーヒー ナイトアロマ
  7. カフェダイレクト インスタントコーヒー・デカフェ
  8. マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレスコーヒー
  9. おいしいカフェインレスコーヒー

テスターズチョイスはかなり酸味を感じます。沖縄を中心に人気です。

⇧目次に戻る

苦味ランキング

苦味ランキング
  1. マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレスコーヒー
  2. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
  3. ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ
  4. イニックコーヒー ナイトアロマ
  5. オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス
  6. クライス カフェインレスコーヒー
  7. セブンプレミアム カフェインレスコーヒー
  8. おいしいカフェインレスコーヒー
  9. カフェダイレクト インスタントコーヒー・デカフェ

マウントハーゲンが抜けています。でも嫌な苦味ではないです。

⇧目次に戻る

コク ランキング

コク ランキング
  1. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
  2. マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレスコーヒー
  3. イニックコーヒー ナイトアロマ
  4. セブンプレミアム カフェインレスコーヒー
  5. ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ
  6. カフェダイレクト インスタントコーヒー・デカフェ
  7. クライス カフェインレスコーヒー
  8. オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス
  9. おいしいカフェインレスコーヒー

3位以下は大きな違いは感じませんでした。

⇧目次に戻る

香りランキング

香りランキング
  1. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
  2. イニックコーヒー ナイトアロマ
  3. マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレスコーヒー
  4. セブンプレミアム カフェインレスコーヒー
  5. クライス カフェインレスコーヒー
  6. オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス
  7. カフェダイレクト インスタントコーヒー・デカフェ
  8. ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ
  9. おいしいカフェインレスコーヒー

ゴールドブレンドの挽き豆包み製法が効いてますね。

⇧目次に戻る

価格の安さランキング

瓶入りカフェインレスコーヒー 香りランキング画像
  1. セブンプレミアム カフェインレスコーヒー
  2. おいしいカフェインレスコーヒー
  3. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
  4. マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレスコーヒー
  5. ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ
  6. オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス
  7. クライス カフェインレスコーヒー
  8. カフェダイレクト インスタントコーヒー・デカフェ
  9. イニックコーヒー ナイトアロマ

フェアトレードの考え方もあるので一概に高い・安いは言いにくいですね。

イトーヨーカドーなどセブンアイホールディングス店舗で購入できます。

⇧目次に戻る

それでは個別でレビューをしていきます。

インスタント カフェインレスコーヒー 9種類をレビュー

瓶入りインスタントカフェインレスコーヒー一覧

それぞれ特徴があって個性も様々です。

個別にレビューをしていきます。

セブンプレミアム カフェインレスコーヒー

セブンプレミアム カフェインレスコーヒー インスタント
セブンプレミアム インスタント裏面
商品名 セブンプレミアム カフェインレスコーヒー
原材料コーヒー豆(生豆生産国名:メキシコ、ブラジル)
内容量70g
価格645円(税込)
1杯あたり価格約18円
カフェイン除去率記載なし
カフェイン除去方法記載なし
インスタント製法フリーズドライ製法
特徴上品な香りのメキシコ産とバランスの取れたマイルドなブラジル産をブレンド
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

以前はセブンイレブンでも販売していましたが今回は見つけることができませんでした。

カフェインの除去率については表記されていませんでした。

90%以上は確実に除去されていますし一般的に考えても少なくとも95%以上は除去されているのではないかと思います。

味もさることながらコストパフォーマンスがすごいです。

さすがのセブンプレミアム商品です。

味については特に尖った部分もなく、若干酸味を感じる程度で優しい味です。

品質の高さと価格の安さ、文句なしです。

イトーヨーカドーなどセブンアイホールディングス店舗で購入できます。

⇧目次に戻る

UCC おいしいカフェインレスコーヒー

おいしいカフェインレスコーヒー
おいしいカフェインレスコーヒー裏
商品名UCC  おいしいカフェインレスコーヒー
名称インスタントコーヒー
原材料コーヒー豆(生豆生産国名 ブラジル)
内容量45g
1杯あたり価格約20円
カフェイン除去率記載なし
カフェイン抽出方法二酸化炭素抽出法
製法フリーズドライ製法
特徴ブラジル アラビカ種コーヒー豆を100%使用
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

ストレートな名前の「おいしいカフェインレスコーヒー」。

インスタントコーヒーではロブスタ種を使用することが多い中、アラビカ種を100%使用しています。

味については丸く、優しい味です。

どこのスーパーにもおいてあるので買いやすさはダントツです。

癖がなく平均的。後味もすっきり。すっきりとしたコーヒーが好きな方におすすめ!

⇧目次に戻る

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

ゴールドブレンドカフェインレス表
ゴールドブレンドカフェインレス裏
商品名ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
名称レギュラーソリュブルコーヒー
原材料コーヒー豆(輸入)
内容量80g
1杯あたり価格約23円
カフェイン97%カット
カフェイン抽出方法独自のウォータープロセス抽出法
製法フリーズドライ製法
特徴挽き豆包み製法
スターロースティング
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

王道中の王道の「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」。

今回購入した中で唯一「レギュラーソリュブルコーヒー」の名称。

レギュラーソリュブルコーヒーとはネスカフェ独自のフリーズドライ製法の「挽き豆包み製法」

挽いたコーヒー豆を抽出液で包むことで酸化を防ぎ、淹れたての香りの味を実現しています。

香り・味ともにかなりしっかりしており、通常のゴールドブレンドと遜色はないです。

カフェイン抽出法については「収穫した豆を山の天然水の浸けて、カフェインを取り除きます。」と記載がありますのでスイスウォータープロセス製法かマウンテンウォーター製法と思われます。

粉のザラツキが気になる方がいるかも。しっかりとした味と香りが好きな方におすすめ!

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスについてもっと詳しく知りたい方におすすめ記事!

⇧目次に戻る

マウントハーゲン オーガニック カフェインレスコーヒー

マウントハーゲン
マウントハーゲン裏面
商品名 マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスコーヒー
名称有機インスタントコーヒー
原材料有機コーヒー豆(生豆生産国名 パプアニューギニア、ペルー、メキシコ)
内容量100g
原産国名ドイツ
1杯あたり価格約23円
カフェイン残存率0.3%未満
カフェイン抽出方法超臨界二酸化炭素抽出法
製法フリーズドライ製法
特徴有機コーヒー豆を使用
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い
価格
高い
安い

輸入インスタントコーヒーでメジャーな「 マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスコーヒー 」。

有機コーヒー豆を使用。国際フェアトレード認証ラベルを取得しています。

味は苦めが強めで、酸味はなかり少ないです。

99.7%以上と高いカフェイン除去率・有機コーヒー豆で安心安全です。

酸味が少なく、苦めのコーヒーが好きな方におすすめ!

マウントハーゲン カフェインレスについて詳しく知りたい方におすすめ記事!

⇧目次に戻る

ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ

テスターズチョイスデカフェ
テスターズチョイスデカフェ裏面
商品名 ネスカフェ テスターズチョイス デカフェ
名称インスタントコーヒー
原材料コーヒー豆(生豆生産国名 ベトナム、コロンビア、他)
内容量100g
原産国名韓国
1杯あたり価格約26円
カフェイン不明
カフェイン抽出方法不明
製法フリーズドライ製法
特徴主に沖縄で販売。フタにスチールを採用。
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

日本では主に沖縄で販売されており、沖縄でインスタントコーヒーと言えば「 ネスカフェ テスターズチョイス 」のデカフェ。

情報があまりなく、詳細は不明です。

同じネスカフェですが飲み比べてみるとはっきり別物とわかります。

かなり酸味を強く感じました。

酸味があってすっきりしたコーヒーが好きな方におすすめ!

⇧目次に戻る

オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス

オーガニックインスタントコーヒー
オーガニックインスタントコーヒー裏面
商品名 オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス
名称有機インスタントコーヒー
原材料有機コーヒー豆(生豆生産国名 ペルー、ホンデュラス)
内容量100g
原産国名ドイツ
1杯あたり価格約27円
カフェイン残留率0.3%
カフェイン抽出方法天然の二酸化炭素にほんの少し水を加える除去方法(液体二酸化炭素抽出法?)
製法フリーズドライ製法
特徴有機アラビカ種コーヒー豆100%
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

世界各国の厳選したオーガニックブランドを扱う「株式会社 おもちゃ箱」が独自に開発したブランド「24 ORGANIC DAYS」。

「24 ORGANIC DAYS」から販売されている「 オーガニック インスタントコーヒー カフェインレス 」。

酸味があってかなりすっきりした印象です。

苦味が苦手な方のおすすめです。

有機アラビカ種を100%使用し、二酸化炭素抽出法を採用した安心・安全なカフェインレスコーヒーです。

酸味はありますがあっさりとした印象で後味がスッキリしたものが好きな方におすすめ。

⇧目次に戻る

クライス カフェインレスコーヒー

クライス カフェインレスコーヒー
クライスカフェインレスコーヒー裏面
商品名 クライス カフェインレスコーヒー
名称インスタントコーヒー(フリーズドライ)
原材料コーヒー豆(生豆生産国名 ブラジル、コスタリカ、他)
内容量50g
原産国名ドイツ
1杯あたり価格約33円
カフェイン99.7%カット
カフェイン抽出方法超臨界二酸化炭素抽出法
製法フリーズドライ製法
特徴アラビカ種コーヒー豆を使用
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

2016年で50周年を迎えた老舗ブランド「クライスカフェ」の「クライス カフェインレスコーヒー」。

いち早くフリーズドライ製法を取り入れ小さな結晶状のインスタントコーヒーを量産することに成功しました。

内容量が100gタイプのものもあります。

非常に飲みやすく、癖はありません。

突出したものはありませんが平均してレベルが高く、万人におすすめ。

⇧目次に戻る

カフェダイレクト インスタントコーヒー・デカフェ

カフェダイレクト
カフェダイレクト裏面
 商品名 カフェダイレクトインスタントコーヒー・デカフェ
名称インスタントコーヒー
原材料コーヒー豆(生豆生産国名 ホンジュラス、ボリビア、ペルー、メキシコ)
内容量100g
原産国名ドイツ
1杯あたり価格約40円
カフェイン残留率0.3%未満
カフェイン抽出方法液体二酸化炭素抽出法
製法フリーズドライ製法
特徴有機アラビカ種コーヒー豆100%
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGO「わかちあいプロジェクト」。

「わかちあいプロジェクト」から販売されている「 カフェダイレクトインスタントコーヒー・デカフェ 」。

フェアトレード認証(FLO)・オーガニック認証(英国土壌協会)を取得。

有機豆・フェアトレード・液体二酸化炭素抽出法。味と一緒でコストはかかりますが人にも優しい感じがします。

癖がなく、あっさりしています。

有機アラビカ種コーヒー豆を100%使用し液体二酸化炭素抽出法を採用した安心・安全はカフェインレスコーヒーです。

あっさりと丸く、尖ったものは感じません。後味がスッキリしたものが好きな方におすすめ。

現在公式サイトでも品切れ中です。(2022年12月現在)

⇧目次に戻る

イニックコーヒー ナイトアロマ

イニックコーヒーナイトアロマ表面
イニックコーヒーナイトアロマ裏面
商品名 イニックコーヒー ナイトアロマ
名称コーヒーエキスパウダー
原材料コーヒー豆(生豆生産国名 コロンビア・グアテマラ)、デキストリン
内容量55g
原産国名日本
1杯あたり価格濃いめ約190円・薄め約95円
カフェイン99.85%カット
カフェイン抽出方法スイスウォーター製法
製法スプレードライ製法
特徴独自製法の微顆粒パウダー
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
香り
弱い
強い

さっと溶けてしっかり美味しい「ドリップド・コーヒーパウダー」やスイーツも販売している「INIC coffee」。

カフェイン除去率99.85%とこだわりの詰まった「イニックコーヒー ナイトアロマ」。

淹れる湯の温度指定があるのはイニックコーヒーのみ。

こだわりが詰まった分、かなり価格は高めです!

インスタント製法についてはイニックコーヒー独自製法の微顆粒パウダー。

カフェイン抽出方法は比較的少数派の「スイスウォーター製法」。水だけを使った安全な抽出方法です。

香りは普通のレギュラーコーヒーに近い印象です。

少し価格が高いのがデメリット。

飲み比べると他のインスタントコーヒーとは違い、ドリップに近い味がします。

イニックコーヒーについてもっと詳しく知りたい方におすすめ記事!

この他にもギフト品も多くあり、妊婦さんへの贈り物に最適!

コーヒー好きな妊婦さんや授乳期のママさんへの贈り物にはラッピングも出来る公式サイトがおすすめ!

\ 贈り物に最適/

瓶入りのインスタント カフェインレスコーヒー9種類をレビューしてきました。

⇧目次に戻る

それでは、そもそもコーヒーにはどんな効果があるのでしょうか。

コーヒーの効果ってなに?

コーヒー画像

仕事や家事の合間のコーヒーブレイク、ほっとしますよね。

コーヒーにはさまざまな効果があり、メリット・デメリットがあります。

コーヒーのメリット
コーヒーのデメリット
  • 覚せい作用があり、集中力を高めることができる
  • 利尿作用があり、体の老廃物を排出することができる
  • 心臓病・脳卒中・呼吸器疾患の死亡リスクを下げる
  • 胃腸を刺激して消化を助ける
  • 二日酔いに効果がある
  • ダイエット効果がある
  • 身体能力の向上効果がある
  • リラックス効果がある
  • 睡眠の質が悪くなる
  • 妊娠中や授乳中の方は赤ちゃんに影響がある
  • 利尿作用でトイレが近くなる
  • 胃が痛くなる
  • 歯が黄ばむ
  • たばこが喫いたくなる

適度な量と飲むタイミングでは、メリットの多いコーヒーですが飲み過ぎるとデメリットになります。

そしてコーヒーの効果の大部分は「カフェイン」と「クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)」によるものです。

⇧目次に戻る

カフェインって何?

カフェイン化学式画像

カフェインの化学式は、「C8H10N4O2」。と言っても何のことかわかりませんよね。

コーヒー=カフェインと認識されている方も多いのではないかと思います。

コーヒーには大まかに6種類の成分が含まれていますが体に及ぼす影響が一番高いのがカフェインです。

そんなカフェインにはメリット・デメリットがあります。

カフェインのメリット
カフェインのデメリット
  • 覚せい作用があり、集中力が高まる
  • 利尿作用がある
  • 心臓病・脳卒中・呼吸器疾患の死亡リスクを下げる
  • 二日酔いを緩和する
  • ダイエット効果がある
  • 身体能力の向上効果がある
  • 睡眠の質が悪くなる
  • トイレが近くなる
  • 妊娠中や授乳中の方は赤ちゃんに影響がある
  • 胃が痛くなる
  • 血糖値を上昇させる
  • 依存性がある
  • 動悸や不整脈を起こす

カフェインの一日の適正な摂取量は400mg(妊婦さんや授乳中の方は200mg)と言われています。

コーヒーを飲むメリット・デメリットと重なる部分が多く、飲み過ぎがデメリットになります。

>>>カフェインについてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

⇧目次に戻る

それではもう一つの重要な成分、「クロロゲン酸」についてご紹介します。

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)って何?

コーヒーチェリー画像

クロロゲン酸は別名コーヒーポリフェノールとも呼ばれ、コーヒーに多く含まれるポリフェノール。

有名なところでは目に良いとされているアントシアニン、女性ホルモンを整えるイソフラボン、コレステロールの減少効果があると言われているカテキンもポリフェノール。

コーヒーポリフェノールって何?
  • 植物界の広く存在するポリフェノール
  • コーヒーの生豆から初めて単離された
  • コーヒー生豆に5%~10%含まれている(種類による)
  • コーヒーの渋みや苦みはクロロゲン酸の作用
  • 焙煎することで減少する
  • コーヒーには赤ワインに匹敵するぐらいのポリフェノールが含有されている
  • ポリフェノールには様々な健康効果があると言われている

コーヒーポリフェノールと言われているぐらいなのでコーヒーの効果を発揮する大きな成分です。

そんなクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)にもメリット・デメリットがあります。

クロロゲン酸のメリット
クロロゲン酸のデメリット
  • 抗酸化作用
  • 糖尿病予防
  • ダイエット効果
  • メラニン(シミ)の生成抑制効果
  • 寝つきが良くなる
  • 胃酸の分泌を促進させることからくる胃痛
  • 胃腸の動きを抑制する

メリットが多い、クロロゲン酸。

クロロゲン酸の一日の適正摂取量は、まだはっきりしておらず諸説いろいろあります。

飲み過ぎによるデメリットは少なく、体外に早く排出される為、量よりは飲むタイミングが大切です。

>>>クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

「それじゃークロロゲン酸を残してカフェインだけ取り除いてしまおう」、それがカフェインレスコーヒーです。

⇧目次に戻る

それではカフェインはどうやって取り除いているのかご紹介します。

カフェインレスコーヒーってどうやって作ってるの?

コーヒー生豆からカフェインの除去する説明画像

日本国内で流通しているカフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法は大きくは2種類。

ウォータープロセス製法二酸化炭素抽出法です。

そのなかでも他の成分を残してカフェインだけを狙って抽出できるのは二酸化炭素抽出法

二酸化炭素抽出法には液体二酸化炭素抽出法超臨界二酸化炭素抽出法があります。

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)をしっかり摂りたい方は、「二酸化炭素抽出法」・「液体二酸化炭素抽出法」・「超臨界二酸化炭素抽出法」の表示のあるものがおすすめです。

>>>デカフェって安全なの?カフェインレスコーヒーはどうやって作ってるの?

⇧目次に戻る

今回ご紹介したインスタントコーヒー。作り方をご存知ですか?

インスタントコーヒーってどうやって作ってるの?

乾燥方法2種

手軽で簡単にコーヒーが飲める、インスタントコーヒー。

そんなインスタントコーヒーの製法はおおまかに分けて2種類あります。

  • ツブツブの顆粒状のフリーズドライ製法
  • さらさらの粉状のスプレードライ製法

それぞれにメリット・デメリットがあります。

スプレードライ製法は冷たい水や牛乳にも溶けやすいというメリットがありますがカフェインレスコーヒーにおいては香りや味を損ないにくく、栄養成分も残しやすいフリーズドライ製法がおすすめ

フリーズドライ製法のメリット・デメリット

フリーズドライ

今回ご紹介したうちの8種類がフリーズドライ製法。(ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスは挽き豆包み製法という独自のフリーズドライ製法)

カフェインを抜く工程で味・香り・栄養成分が抜けやすいので、フリーズドライ製法を採用している商品が多いのではないかと思われます。

メリット
デメリット
  • 熱をかけないので味・香り・栄養素が残りやすい
  • 多孔性があることから溶けやすい
  • 多孔性があることから中から水分が抜けやすい
  • 工場設備のコストや生産効率から価格が高くつく
  • 多孔性があることから水分を引き込みやすく、湿気やすい

フリーズドライ製法のメリット・デメリット

スプレードライ

今回ご紹介した中では、イニックコーヒーのみがスプレードライ製法(イニックコーヒーの場合、独自の低温スプレードライ製法)。

冷たい水や牛乳に溶けやすいメリットはありますが、独特な香りがあります。

その点、カフェイン除去率99.85%のデカフェ【INICコーヒー・ナイトアロマ】については低温のスプレードライ製法で香りにもこだわっています。

メリット
デメリット
  • 大量生産が出来るので生産効率が良く、コストが安い
  • 霧状にして乾燥させる為、粒子が細かく、水や牛乳など冷たいものに溶けやすい
  • 高温で乾燥させるので香りや風味を失いやすい
  • 苦味が強調されやすい

カフェインレスコーヒーには、フリーズドライ製法が向いていますね。

⇧目次に戻る

それでは、そんなインスタントコーヒー、カフェイン量はどうなんでしょうか?

インスタントコーヒーのカフェイン量は?

インスタントコーヒー

飲み物に含まれているカフェインの量を調べてみました。

スクロールできます
エナジードリンク又は眠気覚まし用飲料
(清涼飲料水)
32~300 mg/100 mL
(製品1本当たりでは、36~150 mg)
製品によって、カフェイン濃度及び内容量が異なる。
コーヒー(浸出液)0.06 g/100 mL
(=60 mg/100 mL)
浸出法:コーヒー粉末10 g、熱湯150 mL
インスタントコーヒー(粉末)4.0 g/100 g
(2 g使用した場合、1杯当たり80 mg)
せん茶(浸出液)0.02 g/100 mL
(=20 mg/100 mL)
浸出法:茶葉10 g、90℃湯430 mL、1 分
ほうじ茶(浸出液)0.02 g/100 mL
(=20 mg/100 mL)
浸出法:茶葉15 g、90℃湯650 mL、0.5 分
玄米茶(浸出液)0.01 g/100 mL
(=10 mg/100 mL)
浸出法:茶葉15 g、90℃湯650 mL、0.5 分
ウーロン茶(浸出液)0.02 g/100 mL
(=20 mg/100 mL)
浸出法:茶葉15 g、90℃湯650 mL、0.5 分
紅茶(浸出液)0.03 g/100 mL
(=30 mg/100 mL)
浸出法:茶葉5 g、90℃湯360 mL、1.5~4 分
引用元:農林水産省HP

濃さやコーヒー豆の種類によっても違いますが若干インスタントコーヒーの方がカフェインが多いです。

これはインスタントコーヒーの原料に使用されるロブスタ種という品種はカフェインの含有量が多いため。

ロブスタ種は価格が安く、インスタントコーヒーにはよく使用されます。

インスタントコーヒーってどうやって作っているのか知りたい方におすすめ記事!

⇧目次に戻る

今回ご紹介した9種類のカフェイン量は?

品画像セブンプレミアム インスタントカフェインレスコーヒーおいしいカフェインレスコーヒーゴールドブレンドカフェインレスマウントハーゲン表面テスターズチョイスデカフェオーガニックインスタントコーヒークライスデカフェカフェダイレクト
商品名セブンプレミアム
カフェインレス
コーヒー
UCC
おいしいカフェインレスコーヒー
ネスカフェ
ゴールドブレンド
カフェインレス
マウントハーゲン
オーガニックフェアトレード
カフェインレスコーヒー
ネスカフェ
テスターズチョイス
デカフェ
オーガニック
インスタントコーヒー
カフェインレス
クライス
カフェインレスコーヒー
カフェダイレクト
インスタントコーヒー
デカフェ
イニックコーヒー
ナイトアロマ
カフェイン除去率記載なし記載なし97%カット99.7%以上カット記載なし99.7%以上カット99.7%以上カット99.7%以上カット99.85%以上カット
1杯(2gあたり)
カフェイン量
(概算)
2.4㎎0.24㎎0.24㎎0.24㎎0.24㎎0.12㎎
特徴上品な香りとバランスの取れた味癖がなく、後味スッキリしっかりとした味と香りオーガニック
酸味が少なく、苦味が強め
酸味が強め酸味が強め
後味スッキリ
平均してレベルが高い癖がなく、後味スッキリ香り・味がドリップコーヒーに近い
個別レビュー詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
Amazonヨーカドーなどの店舗のみで販売 Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon 品切れ中 Amazon
楽天ヨーカドーなどの店舗のみで販売 楽天 楽天 楽天 楽天 楽天 楽天 品切れ中 楽天
Yahooヨーカドーなどの店舗のみで販売 Yahoo Yahoo Yahoo Yahoo Yahoo Yahoo 品切れ中 Yahoo

あくまでも農林水産省HPを参考にした概算のカフェイン量です。

カフェイン除去率の記載がない商品については、最低でも90%以上は除去されていますので8㎎以下になっています。

⇧目次に戻る

検索すると「カフェインレス」「デカフェ」「ノンカフェイン」と書かれていることがあります。

違いはなに?

カフェインレス・デカフェ・ノンカフェイン?違いは?

疑問を持つ女性

検索すると「カフェインレス」「ノンカフェイン」「デカフェ」などが表示されると思います。

コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則によるとこのように定義されています。

カフェインレスコーヒーカフェインを90%以上除去したコーヒー

カフェインは少量ですが入っています
ノンカフェインもともとの原料にカフェインが入っていないもの

カフェインはゼロです
デカフェカフェインレスのコーヒーを指す場合が多い

カフェインは少量ですが入っています

ですので原料にコーヒー豆を使用する限り、ノンカフェインのコーヒーはありえないのです。

⇧目次に戻る

メリットの多い、カフェインレスコーヒーですがおすすめできない方もいらっしゃいます。

カフェインレスコーヒーをおすすめできない方

コーヒーをおすすめできない方

妊娠中や授乳中でどうしてもカフェインが気になる方

市販のカフェインレスコーヒーの大部分は安全にカフェインが除去されています。

またカフェイン除去率が表示されていない、カフェインレスコーヒーでも少なくとも90%以上は除去されています。

でも、どうして気になる方は飲む方がストレスになると思いますので、ノンカフェインの飲み物をおすすめします。

カフェインに過敏な方

なかには、少量のカフェインでも体が反応してしまう、「カフェイン不耐症」や「カフェイン過敏症」と言われる方がいらっしゃいます。

そのような方はそもそもコーヒーを飲みたいとは思われないですが、ノンカフェインの飲み物をおすすめします。

胃が痛い方

クロロゲン酸は胃酸の分泌を促進します。

胃の痛い方はさらに症状を悪化させる可能性があるので控えた方が無難です。

⇧目次に戻る

9種類飲み比べランキング!インスタント カフェインレスコーヒー! まとめ 

瓶入りのカフェインレス インスタントコーヒー9種類を飲み比べてみました。

それぞれに特徴があって面白かったです。

カフェインレスコーヒーと言っても通常のコーヒーと比較しても何の遜色もありません。

今回は瓶入りタイプをご紹介しましたがメリット・デメリットがあります。

瓶入りのメリット
瓶入りのデメリット
  • 濃さの調整ができる
  • 経済的
  • 種類が多い
  • 瓶を置いておく場所をとるので何種類も同時に飲めない
  • 持ち運べない
  • 湿気そう

瓶入りタイプは自分で濃さの調整がしたい方や経済性を重視したい方におすすめです。

手軽で簡単!携帯もできるスティックタイプのカフェインレスコーヒーの記事はこちら!

簡単に作れてしまうのでどうしても飲み過ぎてしまうインスタントコーヒー。

その内の何杯分かをカフェインレスコーヒーに置き換えるだけで簡単にカフェインコントロールができます。

購入の参考になれば嬉しいです。

品画像セブンプレミアム インスタントカフェインレスコーヒーおいしいカフェインレスコーヒーゴールドブレンドカフェインレスマウントハーゲン表面テスターズチョイスデカフェオーガニックインスタントコーヒークライスデカフェカフェダイレクト
商品名セブンプレミアム
カフェインレス
コーヒー
UCC
おいしいカフェインレスコーヒー
ネスカフェ
ゴールドブレンド
カフェインレス
マウントハーゲン
オーガニックフェアトレード
カフェインレスコーヒー
ネスカフェ
テスターズチョイス
デカフェ
オーガニック
インスタントコーヒー
カフェインレス
クライス
カフェインレスコーヒー
カフェダイレクト
インスタントコーヒー
デカフェ
イニックコーヒー
ナイトアロマ
内容量70g45g80g100g100g100g50g100g55g
カフェイン除去率記載なし記載なし97%カット99.7%以上カット記載なし99.7%以上カット99.7%以上カット99.7%以上カット99.85%以上カット
1杯あたり価格約18円約23円約24円約30円約27円約27円約33円約40円約95円~190円
特徴上品な香りとバランスの取れた味癖がなく、後味スッキリしっかりとした味と香りオーガニック
酸味が少なく、苦味が強め
酸味が強め酸味が強め
後味スッキリ
平均してレベルが高い癖がなく、後味スッキリ香り・味がドリップコーヒーに近い
評価酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
酸味
苦味
コク
香り
ネットショップ
リンク
ヨーカドーなどの店舗のみで販売 Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
品切れ中 Amazon
楽天
Yahoo
個別レビュー詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

⇧目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次