美味しいの?無印のカフェインレスコーヒー デカフェマニアが徹底レビュー!

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス アイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

*当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。ほぼ毎日カフェインレスコーヒーを飲んでいるコーヒー好きな、きっちゃん(@dcafkicchan)です。

無印のカフェインレスコーヒーってどんな味なんだろう?

どんな種類があるの?

そんな方に、「無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス」について以下の点を中心にご紹介。

この記事ではこんなことがわかります
  • 無印のカフェインレスコーヒーの口コミや評判、特徴は?
  • 無印良品オーガニックコーヒー カフェインレスのレビュー
  • カフェイン除去率・除去方法・カフェイン量は?

高品質で低価格、そしてシンプルなデザインの「無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス」。

そんな無印のカフェインレスコーヒーを80種類以上のカフェインレスコーヒーを飲んできた、デカフェマニアが飲んでみた感想を正直にレビューします。

オーガニックで高いカフェイン除去率ながら高いコストパフォーマンス。

そして酸味は少し強めですがはコーヒー好きも納得の美味しさでした。

この記事を書いた人
  • 食品会社勤務30年以上の中間管理職
  • 飲んだカフェインレスコーヒーは80種類以上
  • 毎日コーヒーをドリップして飲んでます
  • 17時以降は毎日カフェインレスコーヒー

詳しいプロフィールはこちら!

きっちゃんです
本記事のまとめ
  • オーガニックで安心・安全・高コスパ
  • 高いカフェイン除去率で妊娠中や授乳中の方にもおすすめ
  • 少し酸味が強めでコーヒーバッグはかなりすっきり
  • ネットで注文、店頭受け取りがお得

目次

無印 カフェインレスコーヒーの口コミや評判は?

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 口コミ・評判

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレスついてX(ツイッター)で口コミを集めてみました。

普通のコーヒーと変わらず美味しいとの口コミが多数。

コスパの良さも評価されていました。

実際の口コミを見る

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒーの特徴は?

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス こだわり・特徴

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレスのこだわり・特徴は下記の通り。

  • 安心・安全なオーガニックコーヒー
  • 高いカフェイン除去率
  • 選べる6種類のラインナップ

高品質・低価格で無印良品のコンセプト通り。

それぞれ詳しくご紹介。

安心・安全なオーガニックコーヒー

無印良品 オーガニック表示

缶入り以外はオーガニック表示付き。

缶入りは、オーガニック表示はないものの原料には同じホンジュラス産有機100%豆を使用しています。

無印 カフェインレス無糖 缶 有機100%表示

無印良品では、「過去3年以上殺虫剤や除草剤、化学肥料などを使用していない土壌で栽培していること」「豆の焙煎をはじめ加工段階においても添加物、加工補助剤などを使用していないこと」という2つの条件を満たした、人にも環境にもやさしいオーガニックコーヒーを取り扱っています。

引用元:無印良品公式ページ

オーガニックへのこだわりを感じます。

高いカフェイン除去率

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス カフェイン除去率

無印のカフェインレスコーヒーはカフェインを97%カット。

十分カフェインを取り除いていますので妊娠中や授乳中の方でも安心して楽しめます。

選べる6種類のラインナップ

商品画像商品名内容量価格
(税込)
1杯あたり
価格
タイトル
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 豆オーガニックコーヒー
カフェインレス
200g750円約37円
(10g/杯)
詳細を見る
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 粉オーガニックコーヒー
カフェインレス
200g750円約37円
(10g/杯)
詳細を見る
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス ドリップオーガニックコーヒー
カフェインレス
ドリップ
70g
(7gX10P)
490円約49円詳細を見る
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス コーヒーバッグオーガニックコーヒー
カフェインレス
コーヒーバッグ
56g
(7gX8P)
690円約86円詳細を見る
無印良品 カフェインレスコーヒー無糖カフェインレスコーヒー
無糖
270g190円190円詳細を見る
無印良品オーガニックコーヒー カフェインレス 粉お徳用オーガニックコーヒー
カフェインレス
粉(お徳用)
400g1200円30円
(10g/杯)
詳細を見る
画像引用元:無印良品公式ネットストア

無印のカフェインレスコーヒーは豆・粉・粉(お徳用)・ドリップバッグ・コーヒーバッグ・缶の6種類。

以前はインスタントコーヒーもありましたが現在は取り扱いはないようです。

お好みや生活スタイルで選ぶことができます。

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒーの種類・商品情報

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 種類・商品情報

無印のカフェインレスコーヒーは下記の通り6種類。

それぞれを詳しくご紹介。

商品画像商品名内容量価格
(税込)
1杯あたり
価格
タイトル
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 豆オーガニックコーヒー
カフェインレス
200g750円約37円
(10g/杯)
詳細を見る
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 粉オーガニックコーヒー
カフェインレス
200g750円約37円
(10g/杯)
詳細を見る
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス ドリップオーガニックコーヒー
カフェインレス
ドリップ
70g
(7gX10P)
490円約49円詳細を見る
無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス コーヒーバッグオーガニックコーヒー
カフェインレス
コーヒーバッグ
56g
(7gX8P)
690円約86円詳細を見る
無印良品 カフェインレスコーヒー無糖カフェインレスコーヒー
無糖
270g190円190円詳細を見る
無印良品オーガニックコーヒー カフェインレス 粉お徳用オーガニックコーヒー
カフェインレス
粉(お徳用)
400g1200円30円
(10g/杯)
詳細を見る
画像引用元:無印良品公式ネットストア

オーガニックコーヒー カフェインレス 豆

商品名オーガニックコーヒー カフェインレス 豆
名称有機レギュラーコーヒー
原材料有機コーヒー豆
(生豆生産国名 ホンジュラス)
内容量200g
価格750円
1杯あたり価格
(10g/杯)
約37円

自分好みで味の調整がしやすい、オーガニックコーヒー カフェインレス豆。

やっぱり挽き立ては香りが違います。

カフェインレス豆のメリット
カフェインレス豆のデメリット
  • 自分好みで味の調整ができる
  • 比較的鮮度を保ちやすい
  • 淹れる楽しさ
  • ミルやグラインダーが必要
  • ドリッパーやペーパー等の器具が必要
  • 淹れる手間がかかる

普段豆を挽いて楽しんでいる方には、コスパの高い豆タイプがおすすめ。

オーガニックコーヒー カフェインレス 粉

商品名オーガニックコーヒー カフェインレス 粉
名称有機レギュラーコーヒー(粉)
原材料有機コーヒー豆
(生豆生産国名 ホンジュラス)
内容量200g
価格750円
1杯あたり価格
(10g/杯)
約37円

普段コーヒーメーカーで楽しまれている方におすすめな、オーガニックコーヒー カフェインレス粉。

多めに作ってポットに入れていくのもアリです。

カフェインレス粉のメリット
カフェインレス粉のデメリット
  • 手間がかからない
  • ドリッパーで淹れる場合は味の調整ができる
  • 鮮度劣化が早い
  • 酸味を強く感じる

コーヒーメーカーなどで一度にたくさん淹れられる方におすすめ。

オーガニックコーヒー カフェインレス ドリップ

商品名オーガニックコーヒー カフェインレス ドリップ
名称有機レギュラーコーヒー(粉)
原材料有機コーヒー豆
(生豆生産国名 ホンジュラス)
内容量70g
(7gX10P)
価格490円
1杯あたり価格49円

カップの上にセットしお湯を注ぐだけで簡単にカフェインレスコーヒーが飲める、オーガニックコーヒー カフェインレス ドリップ。

少し割高になりますが、個包装で保存性が高い。

ドリップバッグのメリット
ドリップバッグのデメリット
  • 手軽で簡単
  • 場所を取らないのでオフィスでも飲める
  • 個包装で保存性が高い
  • 割高
  • あっさりとした味

個包装で保存性が高いので、たまに飲みたい方におすすめ。

オーガニックコーヒー カフェインレス コーヒーバッグ

商品名オーガニックコーヒー カフェインレス コーヒーバッグ
名称有機レギュラーコーヒー(粉)
原材料有機コーヒー豆
(生豆生産国名 ホンジュラス)
内容量56g
(7gX8P)
価格690円
1杯あたり価格約86円

粉の後処理が簡単なコーヒーバッグタイプのオーガニックコーヒー カフェインレス コーヒーバッグ。

より簡単に淹れることができますがかなり割高になります。

コーヒーバッグのメリット
コーヒーバッグのデメリット
  • お湯を注いで3分待つだけで簡単に飲める
  • 粉が飛び散ったりしない
  • 個包装で保存性が高い
  • 割高
  • 薄く感じるかも

時間の余裕のない朝や外で飲みたい方におすすめ。

⇧目次に戻る

カフェインレスコーヒー 無糖

商品名カフェインレスコーヒー無糖
名称コーヒー(カフェインレス)
原材料カフェインレスコーヒー
(コーヒー豆 (ホンジュラス))(有機100%)
内容量270g
1杯あたり価格190円

冷やすだけで簡単にアイスコーヒーが楽しめる、カフェインレスコーヒー無糖。

普通の缶コーヒーより少し割高。

缶のメリット
缶のデメリット
  • 缶入りのコーヒーでカフェインレスはあまりない
  • カフェインを気にせずゴクゴク飲める
  • 店舗ではちゃんと冷えている
  • すっきり飲める
  • 割高
  • 薄く感じるかも

缶入りのカフェインレスコーヒーはあまりないので箱買いもおすすめ。

⇧目次に戻る

オーガニックコーヒー カフェインレス 粉(お徳用)

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス(お徳用)粉
画像引用元:無印良品ネットストア
商品名オーガニックコーヒー カフェインレス 粉
名称有機レギュラーコーヒー(粉)
原材料有機コーヒー豆
(生豆生産国名 ホンジュラス)
内容量400g
価格1200円
1杯あたり価格
(10g/杯)
約30円

粉の大容量サイズ、オーガニックコーヒー カフェインレス 粉(お徳用)。

コーヒーメーカーで作って、カフェインレスコーヒーメインで飲まれる方におすすめ。

コスパも一杯あたり30円と最強。

⇧目次に戻る

無印 オーガニックコーヒー カフェインレス 評価・レビュー

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス 評価・レビュー

豆・粉・ドリップバッグ・コーヒーバッグ・缶の5種類を実際に飲んでレビュー。

結果は下記の通り。

  • 味の傾向は全て同じで酸味が強めでしっかりとした香りとコクがある
  • 豆>粉>ドリップバッグ>コーヒーバッグ>缶の順番に良く言えばあっさり・すっきり、悪く言えば薄くなっていく
  • 粉は鮮度面の影響もあってか一番酸味を強く感じた

今回は豆タイプと缶タイプの2種類を個別レビューしていきます

オーガニックコーヒー カフェインレス 豆レビュー

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス豆 ドリップ画像

レシピは下記の通り。

  • 豆 20g 中粗挽き
  • 湯量 300ml
  • 湯温 90℃
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
甘味
弱い
強い
香り
弱い
強い

第一印象は香りと酸味。

豆の段階から深煎りのロースト感があります。

深煎りのコクと酸味のバランスが良く、苦味は控えめ、酸味が苦手な方には、少し酸味を強く感じるかもしれません。

粉タイプだと、より強く酸味を感じました。

店頭にどれだけ陳列されていたかによって鮮度にバラツキがありそうです。

カフェインレスコーヒー無糖(缶)レビュー

無印良品 カフェインレスコーヒー 無糖(缶)
酸味
弱い
強い
苦み
弱い
強い
コク
弱い
強い
甘味
弱い
強い
香り
弱い
強い

全体的にあっさり、マイルドで癖がなく飲みやすい印象。

近いタイプはUCCのカフェインレスペットボトル。

ミルクを足してカフェオレにするとコクが増します。

ペットボトルタイプのカフェインレスコーヒーをこちらでご紹介しています。

>>>【カフェインレスコーヒー ペットボトル】UCCとネスカフェを徹底比較

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒー カフェイン除去率・カフェイン量は?

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス カフェイン除去率・カフェイン量

無印のカフェインレスコーヒーは、カフェイン97%以上カット。

それでは、一杯あたりにどれだけカフェインが残っているのか計算をしてみます。

農林水産省HPによるとコーヒー(浸出液)には100mlあたり約60㎎のカフェインが含まれています。

カフェイン量はコーヒー豆の品種や焙煎度などによって変化しますのであくまでも概算として参考にしてください。

カフェインを含む飲料と含有量
スクロールできます
エナジードリンク又は眠気覚まし用飲料
(清涼飲料水)
32~300 mg/100 mL
(製品1本当たりでは、36~150 mg)
製品によって、カフェイン濃度及び内容量が異なる。
コーヒー(浸出液)0.06 g/100 mL
(=60 mg/100 mL)
浸出法:コーヒー粉末10 g、熱湯150 mL
インスタントコーヒー(粉末)4.0 g/100 g
(2 g使用した場合、1杯当たり80 mg)
せん茶(浸出液)0.02 g/100 mL
(=20 mg/100 mL)
浸出法:茶葉10 g、90℃湯430 mL、1 分
ほうじ茶(浸出液)0.02 g/100 mL
(=20 mg/100 mL)
浸出法:茶葉15 g、90℃湯650 mL、0.5 分
玄米茶(浸出液)0.01 g/100 mL
(=10 mg/100 mL)
浸出法:茶葉15 g、90℃湯650 mL、0.5 分
ウーロン茶(浸出液)0.02 g/100 mL
(=20 mg/100 mL)
浸出法:茶葉15 g、90℃湯650 mL、0.5 分
紅茶(浸出液)0.03 g/100 mL
(=30 mg/100 mL)
浸出法:茶葉5 g、90℃湯360 mL、1.5~4 分
引用元:農林水産省HP

コーヒーカップ1杯を150mlとするならば約90㎎のカフェインが含まれていることになります。

無印のカフェインレスコーヒーは97%以上カフェインをカット。

約90㎎のカフェインが約2.7㎎までカットされています。(あくまでも概算です)

一日の適正なカフェイン摂取量は400㎎(妊娠中や授乳期の方は200㎎)と言われています。

十分カフェインが除去されていると言えます。

>>>カフェインについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ!

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒー カフェイン除去方法は?

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス カフェイン除去方法

無印 カフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法は「スイスウォーター製法」

スイスウォーター製法の特徴は、高いカフェイン除去率と水のみを使用して除去している安全性。

「SWISS WATER®プロセス」として商標登録されています。

スイスウォーター製法の除去プロセスをご紹介します。(参考)

>>>デカフェって安全なの?カフェインレスコーヒーはどうやって作ってるの?

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒーは店舗購入がお得?

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレスは店舗購入がお得
画像引用元:(株)良品計画HP

無印のカフェインレスコーヒーは、Amazonや楽天等のネット購入は少し割高で全品の取り扱いではありません。

店舗で購入するのが一番お得。

ただ店舗によって在庫がなかったり、取り扱いがない場合もあります。

一番お得で確実な購入方法は公式ネットストアで注文して店頭で受け取る方法。

無印良品の店舗は全国493店舗。

これだけあれば近くに店舗があるのでは?

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒーのよくある質問

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレスのよくある質問

無印 カフェインレスコーヒーのよくある質問をまとめました。

無印 カフェインレスコーヒーはどれだけカフェインをカットしていますか?

97%以上カットしています。

無印 カフェインレスコーヒーはまずい?

少し酸味があって好みは分かれますが美味しいカフェインレスコーヒーです。

無印 カフェインレスコーヒーのカフェイン抽出方法は?

水のみを使用したスイスウォーター製法で安全にカフェインを抽出しています。

無印 カフェインレスコーヒーは何種類ありますか?

豆・粉・粉(お徳用)・ドリップバッグ・コーヒーバッグ・缶の6種類があります。

妊娠中や授乳中ですが無印 カフェインレスコーヒーを飲んでも大丈夫ですか?

十分カフェインは取り除かれていますがゼロではありません。気になる方かはお控えください。

⇧目次に戻る

無印 カフェインレスコーヒーは高品質・低価格で味の好みさえ合えばおすすめ

無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス

無印のカフェインレスコーヒーを紹介しました。

おすすめできる人とできない人は以下の通りです。

こんな人におすすめ
  • 妊娠中や授乳中でカフェインが気になる方
  • オーガニック志向の方
  • 酸味のあるコーヒーがお好みの方
  • 豆から挽いて飲むのが一番おすすめ
  • コスパを重視したい方
おすすめできない人
  • 酸味が苦手な方
  • 近くに店舗がない方

いろんなタイプのカフェインレスコーヒーを取り揃えている、無印良品 オーガニックコーヒー カフェインレス。

オーガニックで高いカフェイン除去率、そして高コスパと無印良品らしいカフェインレスコーヒーです。

まずは手軽にドリップバッグからのお試しはいかがでしょうか?

⇧目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次